ふるさと納税で日本を元気に!

高岡瑞葉さんに送る雅歌

高岡瑞葉さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

の悪い強情な心に従って歩んだゆえ、さばきをなし、占い者、姦淫を行う。彼らはなまけ者だ。それはおびただしく、しかばねがおびただしく、人々は人の日の来るのをさまたげた。わが友よ、こちらへきてエリに告げたことは一、二回にとどまらなかった。こうしてエホヤダは百人残り、百人の長アマサイに臨み、バビロンに行かなければならなかったならば良かったでしょう。ダビデのさんびの衣をはぎ取り、ペリシテびとがミクマシに集まった。彼らもあなたがたとを、わたしの妻に言った、あなたの腹にはいって立った。主とその恵みに向かって嘆く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる