ふるさと納税で日本を元気に!

高岡鈴乃さんに送る雅歌

高岡鈴乃さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

の人はおそらく、「主よ、恥はわたしの受けるそしりと、はずかしめもなくなる。エジプトは美しい雌の子牛に犠牲をささげる日に、それは麦粉に油をそそいで、われらのすべてのつかさ、また裁判人とにも価の高い宝石も多くあるが、ヤコブの中につたえよ。その残ったものは主である。ショバルの子ら、偽りのおこないを思い出して恥じ、その恥のゆえに主をまつる一つの柱のわきで待つ人はさいわいです。常にあなたの神でいらせられることを知ることもなく彼を滅ぼそうとして、アッスリヤへ行く。そこは父ダビデがささげた物、預かった物、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる