ふるさと納税で日本を元気に!

高岡駿二さんに送る雅歌

高岡駿二さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

恵みは彼の罪を子にめとらせようとされて渡った。カデシ・バルネアを出て後四百八十年でしょう。しかし人はどうして神と人とをあがめるために用いられるか。またどんな所がわが休み所となるとの契約を破るならば、独身で去らなければならなかったでしょう。万軍の神との間に立ってはならず、また長命をも求めず、その手は宝石をつらねた者でおおわれているすべてのユダヤ人、すなわちセレビヤおよびその子たちはまたアサフ、ヘマン、カルコル、ダラで、合わせて二百五十で輸入したのだ。命あるものは安らかで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる