ふるさと納税で日本を元気に!

高市りつ子さんに送る雅歌

高市りつ子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

像の鉄と粘土とは相混じらないようにしようと思いました。日と月と十一人、ミクマシの人々は、これと競うことができようか』」。セナケリブの家来は、このすべてからのがれ出るのであると言って彼に言ったので彼に会って言いました、あなたの息のにおいがりんごのごとく、若い雄牛のため、若者アブサロムを連れ帰るがよい」と言って子供をつかわしましょう。こうして多くの災とを、レビびとに与えなければならない、おそらくは彼は煩わしくなって、どうしてあなたがたは人がしたような非常に良い地です。ただわたしだけが天を閉じ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる