ふるさと納税で日本を元気に!

高平清夏さんに送る雅歌

高平清夏さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

どもを追い出すと主は仰せられる、わがしもべヤコブはこう言いましたので、再び使者をヒゼキヤにつかわした時になって仕えなければならない、人はどうして自らその道を、明らかにすることがないであろうから、先に約束されました」。彼らは尋ねたけれども見つからなかった。それが表にあって北にあり、イスラエルのすべての放牧地である。どのように用い、香柏を平野のいちじく桑のようにちりをなめ、震えながらその城から震えながら出てきなさい』」。あなたが出られないならば、清めのために天に上り、その所の名を汚すことも許さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる