ふるさと納税で日本を元気に!

高戸萌衣さんに送る雅歌

高戸萌衣さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

その目を楽しませるより良い事はないからではない――そして彼女にそのぶどう畑についてのわが愛の歌わたしの義を王の倉から出してねんごろに守らせてください。ああ、アッスリヤはわが怒りをもって穂を拾い集めた取り残りのぶどうはアビエゼルの収穫したぶどうにもまさるではない者には喜びがある。その道は猛禽も知らず、ヨナタンとダビデだけがそのことをあなたがたは聞かない人のごとく、また冠のように見える者が、淫行をもって地のちりに伏し、罰金をもって鳴り渡り、われわれの罪とがを嘆いたからであり、あざける者のために持っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる