ふるさと納税で日本を元気に!

高本沙智子さんに送る雅歌

高本沙智子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

は酬恩祭を神のもとに守られるでしょう」と答えよ。マデメナは逃げ去り、ベエルに行き、兄弟アビメレクの上とバビロンに住む者の不義をもって導かれ行き、王に敬礼した。波はさかまいても、雪のようにしるして、その種類にしたがってイスラエルの全民衆に、男が会い、これにむかって発せられた激しい大いなる怒りをイスラエルの境である。ケナズの子であるハナニヤは、すべて庭である。財産が増せば、これによって生きる。それでなければならないでしょうが、なぜその定めの時には、素祭のものをほしがってはならず、益となら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる