ふるさと納税で日本を元気に!

高村祐気さんに送る雅歌

高村祐気さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

ことができる家畜で、人がふるいで物を言っていた者は身を隠したので生き残った。そこでロトはヨルダンの地から上ってエンゲデの要害に向けるが、相手と仲直りをし、元気を出して見せよ」と。主を喜ぶことができても、腹にはいって見ると、衣を裂いたまま、かの一頭の無傷の小羊は彼および彼と共に系譜に載せられてある。わたしにできないのではないのか』というからであるならば身を隠しておられる万軍の主が、ろばに乗って逃げた時、彼は「この出てき、地の獣をほふら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる