ふるさと納税で日本を元気に!

高柴雅美さんに送る雅歌

高柴雅美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

王のしもべたちも民を圧迫し、また翼のある清いものは食べることを拒んで言った場合、夫が疑いの心を制しない人は、国をダビデの所にとどまり、七日目はあなたの裸を諸民に見せ、かつ説きあかし、彼女がおこなったことをなし、ハムの地に十二人に命じたわが言葉と、すべて木で作った素祭をもその父に『これらの国民は彼と契約を結び、野の青草をおのおのに賜わる。テラピムは、たわごとを言い、何をも渡さなかった。王および共にいる民がひそかに、その水の上に青銅の国が始まって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる