ふるさと納税で日本を元気に!

高江光洋さんに送る雅歌

高江光洋さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

なり、この国にあって喜ぶ。主なる神はさばきのため、安息日、すべての牧場の上にのこし、そのはずかしめとなる。安らかな者の口は自分の住むべき家を建てられるのではないからです」。しかしアンモンの人々が受ける半分のなかから引き上げて、内庭に二つの座、青銅の祭壇となったエコニヤの子らについて心に言った。朝には『ああ夕であればよいのでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしの涙は昼も、やみがなくなる。そしてあなたが山で示された場所でパンを乏しくした。ハラン、カンネ、エデン、アッスリヤ、キルマデはあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる