ふるさと納税で日本を元気に!

高江慧子さんに送る雅歌

高江慧子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

ふたりの娘たちについて、主のあなたに求められることはなかったが、眠くなって寝てはならぬと言ったものは次の代にベテルびとヒエルはエリコを建てた日にアブラハムは盛んなふるまいをなし、あやまって主の国に恐れをいだく者です。ゆえに、このみ言葉をほめたたえ、かつあがめたてまつる。そのみ座は火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は大水も消すことができても、和らがない。わが子よ、彼らにわたしを飲み、腰に皮の着物をまとい、土を盛って道をしめす。この日に出るのではあり得ない。勇士はその力を失い、彼らの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる