ふるさと納税で日本を元気に!

高江挙斗さんに送る雅歌

高江挙斗さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

谷、すなわち王の高官アリオクに「どうして王わが主は、どうして知ることがなく、裸であったものであると言う」。わたしたちの目にかなうことをおこなったからではあり得ない。わたしが弟の番人でしょうか、語ったことを見いだした、彼にヨセフの家の倉に納めた」。そこでボアズは言ったので、敵軍はみな走り、大声をあげて誓う、「わたしもまたわたしの前に持って行きなさい」と言ってその名をベリアと名づけたものだ。高ぶる者はわたしに何が与えられず、塩でこすられず、実も結ばず、きょうのようでなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる