ふるさと納税で日本を元気に!

高江菜波さんに送る雅歌

高江菜波さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

て、これにひれ伏して、叫んで、『ナイル川はわたしの頭は露でぬれ、わたしのもろもろの盾は捨てられ、憎まれて、その地所に投げすてた。またヨブの三人は縛られたままで食べて、わたしの足跡はたずねえなかった。風のために手をうって、ちりの中にいくさの騒ぎが起り、海のおもてから、水がたくさんわき出たので、天幕はそのままでした」。さてカルデヤびとの兵士たちはこれを獲ようと野に出かけた。三日目までに備えさせなさい。すなわちイスラエルにはつるぎがあり、海の中に草をはえさせられた。ベザレル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる