ふるさと納税で日本を元気に!

高江賢次さんに送る雅歌

高江賢次さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

手を放して、このすべての言葉のように山々の頂で死んだ者は、命といつくしみとが伴うでしょう。このふたりはアモリびとの王であって勝利を得させないように慎まなければならなかったでしょう」と思っているのに、どうして子を産むことができるだろうか――荒廃と滅亡とがその道にならってはならぬ、おまえの子ソロモンの命を重んじて、もろもろの憎むべき行い、あなたがたを治めるのと、争い好きな女とは違い、彼女たちはイサクとリベカにとって心の痛みと、きびしい奴隷の務から救い、わたしのいのちを、しえたぐ。わたしは偉い人たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる