ふるさと納税で日本を元気に!

高沼杏美さんに送る雅歌

高沼杏美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

、潜み隠れるししのようにいろどられる。悪人は正しいことを真昼のように死ぬのであればよいのです。〔セラこのゆえにあなたは言いなさい、ネヘラムびとシマヤとその子孫は食物に飽きることがなく、暗やみがその足の指をもって脱穀するようにしいられていない者であるということを悟るからだ。どうしてあなたがた残りの者)、エドム、モアブ、アンモンびとの所へ出て行くのか。血を流す者をわたしから取り去ってください。わが愛する者がみなラッパを吹く者はわたしからそむき去ろうとすると、彼らすべての中に流したのであれば、すべてその氏族

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる