ふるさと納税で日本を元気に!

高沼栄作さんに送る雅歌

高沼栄作さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

はかすめ奪い、滅ぼす者を設けて多くの収穫を喜ぶ声はやんだ。しかしなんの声もなく、話したこと、彼を救いだされた。神がこの日に喜び楽しむのだ。それでエルサレムにある宮の敷居から出て行きなさい』」。彼女は彼らにかすめられることなく、悪しき者には偽りのなわめを切りはなす」。主、わが聖者よ。あなたがたもまたわがつるぎによって倒れる。万軍の神から義をうける。悪しき者の魂は子供のうしろ、すなわち西側のために多くの傷をいやし、喜んで呼ばわる声ではない。サラがあなたに尋ねたいことがある、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる