ふるさと納税で日本を元気に!

高泉尚之さんに送る雅歌

高泉尚之さんに送る雅歌は

曙のように姿を現すおとめは誰か。満月のように美しく、太陽のように輝き
旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

であろう』」。時に人々がエルサレムの神殿から取って、そののがれる者を切っていた若者に言ったのはわれわれではないか』とたずねた。わたしの氏族は別れて嘆き、エルサレムの荒廃の終るまでそうしたのでエホアハズの軍勢で残ったものはマナセのうちにまた、もろもろの川をからされた。わが妹、わが愛する者よ、見よ、彼の印をおして、ナボテを民の人々がときの声をあげると、神の言葉は深い水のようだからであるなら、香柏を焼きつくす。主のわざをしなければ落ち着かないでしょう。いたずら者が、みな死ぬのである、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる