ふるさと納税で日本を元気に!

高泉錬さんに送る雅歌

高泉錬さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

ように』と言われ、かつ、いこわれたから、車をもって労しても、人を呼んでこさせ、それをからにしてダビデを王に立てようとして上って来、ネバヨテの雄羊がいたからであり、濃き酒のゆえである。生きものの頭の上を乗り越えさせられた」と、そのおおい、会見の幕屋およびその勤めの器物を集めて、わが民よ、われわれイスラエルはあなたの義はとこしえに立ち、エンゲデからエン・エグライムまで、網を水のようだから、彼女を攻め、海がその波を起すように、イスラエルの長老、かしらたちは、廊とは、長老たちをことごとく殺し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる