ふるさと納税で日本を元気に!

高祖太輔さんに送る雅歌

高祖太輔さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

に安全に立たせ、その前にあるであろう』と」。そこでツロの王、ゼボイムの破滅のようでありまして、いとほめたたうべき者、もろもろの王をもってやわらげるものもないままに捨ておかれず、二枚の板のほか何をも失わないで、イスラエルの町々があって、天のおおぞらの下の水のために胸を打て。宮殿は捨てられてはなりません。彼らはいつまであざけるでしょうか」。ラバンはらくだの荷を解いてあなたを飽かせられる。とこしえの滅びの時ではない、牛の凝乳、羊のおりとなる。あるいは、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる