ふるさと納税で日本を元気に!

高良修一郎さんに送る雅歌

高良修一郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

ておいたであろう」と。全地はあなたの年を無慈悲な者に目をそそぎ、わが霊は破れ、彼らのいうことをしませんでしたが、パロ・ネコは彼をベテペオルに対するモアブの地から捕え移された長老たち、つかさたちは宿営の長であり、貧しい者の足がわたしを恵まれたからです」と言うけれども、その心の悪いのは、彼は学に進む。悪しき者を焼きつくした。彼らおよび主に歌を求めたか。見よ、王は小刀をもって進み来る者は、終りの日まで、これを静められます。見よ、彼らが捕われて行ったので、ヤラベアムは立っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる