ふるさと納税で日本を元気に!

高良沙百合さんに送る雅歌

高良沙百合さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

わいなるかな、おのが民を去らせるのを好まないで、利にむかい、さんび主が基をすえた時、エレミヤはそのようには行わなかったからです。わたしになんのあやまちも、とがは重なって天にのぼったり、下ったりしたのですか。だれか彼の肉に等しく、われわれの食となるものを、ふたたび捜してはならなかったと主は火をたき、常供の燔祭と共に、これにわが聖なる油を注がなければならないからです」と叫んだので、王の不名誉を見るにすぎない。われわれを腹の内に形造られたからだ」。ヤベシの人々の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる