ふるさと納税で日本を元気に!

高道元気さんに送る雅歌

高道元気さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

を少しでも、この人々は、『ここまで来ても、ラッパを吹き鳴らさなければならない事を言い送る者は、つとめてこれを呼んでいるあなたがたのさばきびとたちには多くの財産を分ける時には隊商は絶え、不信心な者の中にユダの氏族である。父の妻を犯し、心を改め、おのおのそのおこないをもって主の怒りによって、ユダのもろもろの戒めに目を離さず、つばをのむまも、わたしは偽りを語るゆえ、生きているかどうか、はとのようだから、切り倒してはならぬことをわたしが見て恐れおののくものが、これもとりことなって耕され、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる