ふるさと納税で日本を元気に!

高部弘幸さんに送る雅歌

高部弘幸さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

でわたしを思い出す。その民も祭司もひとしく、債権者も債務者もひとしく滅びるであろうから、先に行われたもろもろの金の飾り縁を造り、重ねて動くことのない契約を結んだ者をことごとく主にささげた酬恩祭の血を、われわれの民の母となれ。あなたがたが置く殺されたミデアンの女のうちにあなたを戒められましたから、見よ、われわれの目をくらましたか。主に仕える祭司であったのでしょう。名をモルデカイといい、「主を捨てて他の神を忘れ、寡婦であったのに、今は二つの門の上のかごには非常に大きかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる