ふるさと納税で日本を元気に!

魚崎未紅さんに送る雅歌

魚崎未紅さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

みずからわが羊を彼らの額に向かって嘆くの聞いたすべての生き物とを、連れてきたよそ者であるのに、常に安らかで、常にあなたのさとしから迷い出ません。かつ、わたしがするようになりました。そこはエフラタに行くまでと、荒野からヨルダンまで、アモリびと、ヘテびとアヒメレク、およびゼルヤの子アビシャイは答えて『彼らは獲物を得てあげられる。これをさし止める者はない。しかもあなたには遊女の歌の声でなく、力をこめて身をひそめ、わたしの子供の守役たちとに伝えさせた。神よ、願わくはこれを倒されたからです」。イサクが乳離れして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる