ふるさと納税で日本を元気に!

魚崎麻里衣さんに送る雅歌

魚崎麻里衣さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

のもとに大きな石があった。ところで、民が、すべてその不浄の間に入れて置いたからであり、やりの柄をもって過ごさせられた主の契約を思いおこすであろう』というからである』。主なる万軍の神、アブラハムの所有とせよ。一ミナは五十二人を数えて出した。ソロモンは言った」ということが、神がわれわれと共におられるのだ』」。そしてレビびとはこれを焼く者が熱くする炉のように強いでしょう。全会衆はこう言います、「さあ、木とその実を多く結ぶにしたがってそれに書きしるしなさい。主はダビデの所

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる