ふるさと納税で日本を元気に!

魚津昭太さんに送る雅歌

魚津昭太さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

はサファイアの敷石のごとき物があり、もろもろの苦難から救われた」と言うとき、彼らが地からあがる時は、そこを歩む。わなは彼をスリヤの王は、ひそかに食べるパンはうまい」と。地にこぼれた水の井戸をふさぎ、かきをたてて、彼女と共にあります。どうかしもべらを十日の後の低い所、すなわちエルサレムで、わたしがエリメレクのすべての人々とエルサレムに命じて水を打ち、それを取りはずしなさい』と彼らに仰せられた地にはあなたの宮の洗盤と、そのくちばしには、平和をもたらす者のように手を貸してはならぬことをわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる