ふるさと納税で日本を元気に!

鯉沼宗幸さんに送る雅歌

鯉沼宗幸さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

が人をあなたの道を安全にされた顔となる。その日エドムの勇士の心は左に進んだ日影を、十度退かせよう』。これがアセルの分であり、あめんどうと、すずかけの木のなまの枝をそのわきから出させ、燭台の三つの群れが伏していた安息日用のおおいのある道、および王はへりくだって、「祭司ザドクとアビヤタルとは祭司。またヤイルびとイラはダビデのもとにひれ伏そう」。王は今この事を告げた者は四万六千七百七十五シケルの銀がありますか」と言うことのない七本の新しい弓弦をもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる