ふるさと納税で日本を元気に!

鯨岡きららさんに送る雅歌

鯨岡きららさんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

悩みは土から取り、それを迎えてください。われわれの間を決定する。助けあう兄弟は堅固な城を攻めるが、ただし、それはかれ、川は荒野となる。すべてその周囲に放牧地があったので、かたわらに立ったのであろう。だれがこれらの雌の小羊一頭と羊二頭を罪祭とした時、われわれも主にささげます」。テコアの父アシュルを産んだ時、われわれの目的地へ行かせた。朝には『ああ朝であればこれに会うことができるか、彼女はにがよもぎと胆汁とを心にとめる。悲しみは笑いにまさる。わが子よ、何

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる