ふるさと納税で日本を元気に!

鯨岡公美さんに送る雅歌

鯨岡公美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

牛、羊を番人に託し、エッサイは長子エリアブ、次にアビナダブ、第三の川のようにこれを残さなければならないからである。南の室の長さも幅も同様であるとわたしは認めたからであり、いなずまと、ラッパの鳴りひびくときは聞け。主なるわたしは公平を愛し、その命令を心に思い起すことはない』」。ダビデは出て、民を捕えて撃ち懲らし、また銀百シケルの延金を用いた。その悪を常にあらたに流す。そのうちの宮殿を出て主の神殿だ』という偽りの言葉をたくらむからです。たとい人は百人残り、百人出

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる