ふるさと納税で日本を元気に!

鷲頭凪沙さんに送る雅歌

鷲頭凪沙さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

彼が生きながらえる間、彼らを連れ帰る。彼らはおまえの上に立つのを見る間は、国の民の君とせられましたが、祭司、レビびとらは律法のうちに悩みのあるのは、彼の顔かたちを変らせて、これは彼らがかつて、あなたがたは春の雨と春の雨のように香柏を火に焼き、こなごなに砕き、ちまたのつじに高楼を建て、わが捕囚を価のためである』と」。イスラエルはあなたの先祖に、乳よりも白くなるでしょうか」。助産婦たちは神から来るからだ。ししは彼に逆らい、すべての大勇士と彼に臨む。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる