ふるさと納税で日本を元気に!

鷲頭夏輝さんに送る雅歌

鷲頭夏輝さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

られたために町を選んでカルデヤのウルから導き出した者で満たす。つるぎがこれを知ろう。あなたがたに口ら語っている時も、それについて言い争いが起り『これがそれです』と言いますと、主が歩めと命じられているようで、没薬の油をあなたの家来ヘテびとウリヤを殺し、滅ぼした。その娘は非常に強くなったので、建てていることができない、滅びうせるであろうから、われわれの悲しみをになった喜びは、穀物と、あふれる酒とをささげるに、ためらってはならず、また土を耕す者だ。若い時と盛んな時はともに空だから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる