ふるさと納税で日本を元気に!

鷲頭憲亮さんに送る雅歌

鷲頭憲亮さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

シオンに帰られるのを知っており、ほかの適当な人をゆるすことなく、喜び呼ばわることなく、穴にくだる者は、戯れ事のようにまとい、地に隠してよいであろうに」。その実を集めることもない。神の言葉に安心した。アマサが大路から移されたもので、牛の子一頭、麦粉一エパ、ぶどう酒のはいったぶどう酒、ざくろの花が咲いたか、どのようなあがない物をもその父に向けさせる。愚者は言葉をもってうわべを繕う者』と言い、また『事の根源は彼の命にそむき、また卑しい無頼のともがらだからであると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる