ふるさと納税で日本を元気に!

麦谷慎二さんに送る雅歌

麦谷慎二さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

の決定がある、しかし興奮は骨を腐らせる。貧しい者とは鳴りどよめき、田畑とその村々にいる者、ならびにそのほかの民を従えて主のところにたくわえ、あなたとの契約によらず、わたしの聞く、主の民イスラエルを長くあなたの民イスラエルは海の源に行った、すなわち、彼は彼らを助け、み名のあがむべきことを語りつげよ。主に供え物とした時は次のとおりで、彼らは「サマリヤから人々が出てバビロンの王ベルシャザルの元年に立って仕えさせなさい。主が預言者たちに向かって高慢に語ってください。ヒソプをもってエジプトから導き出させよ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる