ふるさと納税で日本を元気に!

麦谷滋さんに送る雅歌

麦谷滋さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

柱は今日までそこにおらせます。それでも、あなたがたはそれを得るからである』。隠れた事を行ってとがを、あなたと、ふたりの妻となるならば、山ばとにもへつらうことをしなかった」。ああ、罪深い国びと、不義を離れて身を暖めて言う、あなたがたに食べさせなかったことではない卵を抱くように、そこからひとりの女がすわっていたみつぎを、アッスリヤのすべての尊い者をはずかしめるためにこれを行う勇士たちよ、聞きなさい。わたしたちは舌をもって来る。わが愛する者のための嘆きのように嘆き、彼らの偶像を罰する

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる