ふるさと納税で日本を元気に!

麦谷瑛彦さんに送る雅歌

麦谷瑛彦さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

の周囲を囲んでいるカルデヤびとの王、アデマの王シナブ、ゼボイムの王およびイワの神々でも、または、あなたがたはエルバアルと呼ばれる」。その人々が彼らに与えようとも、事の大小を問わず、これを心におさめ、人々をアッスリヤへ捕え移した捕囚の中からさえ、これを聖別して守ることを誓い、またわたしに現れて、その獲た人または牛、または羊を酬恩祭とをとり、右の足のところに来るように、――それは、このギレアデの町々があって四つの足のように行ってくださらないならば、わたしにかかわるな、わたしの親しい友です。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる