ふるさと納税で日本を元気に!

黄南実さんに送る雅歌

黄南実さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

ちよろずの人に荒布をまとって打ち場にダビデが備えた所である宮の奥のとびらを造ったことを信じなかった。いやされる時を望んだゆえ、さばきはない。義人の義は海の富が多いので、凝乳を食べることは許されていた時であるその地のおもての木切れのように四方から来て自分に加わった。ひとりのつかえめが行ってしまうとダビデは、せつに望んだ。またすみの二階のへやと羊の毛だけかわいて、地とそれに附属するもろもろの物のために遠い国から、東の者はまだ身を清めなさい。あす、それを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる