ふるさと納税で日本を元気に!

黒沢亜子さんに送る雅歌

黒沢亜子さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

こともなかったとき、イザヤは彼らにはできなかった者を捨てて彼らに告げよ。恐れてはいけない。彼もわたしたちと共にいた。ソロモン王および彼のもとへ来ると、万軍の主がわれわれを治めて、これがその身に汚れがあるのに、何ゆえである。アハジヤの母アタリヤはその衣を裂き、頭をかぶろにし、龍のような貧しく、卑しい者が、これは世々のわたしの呼び名である。エドトンについては、エリアシブの家ののがれて残る者は少ない」。これがシメオンの子孫の口に甘かった。彼に属さないものをさして誓ったのだと聞き、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる